元気な髪を育てるための育毛トリセツ教えます

育毛論
薄毛を気にする

薄毛の原因

年齢を重ねると誰でも必ず薄毛になるというわけではありません。年齢を重ねている人でも、毛量が多くてふさふさしているといった人も存在します。
薄毛になるには、いくつかの「原因」が考えられます。育毛対策をする前に原因を知っておくことで、よりよい育毛をすることが出来るでしょう。
では、考えられる原因をいくつか紹介します。

・遺伝
人は生まれた時に毛根の数が決まっているように、体質も決まっています。遺伝によって、生まれつき髪の毛の成長を妨げる(ホルモンの分泌を阻害する)物質が多く分泌される人は、薄毛になりやすいです。

・食生活
食事によって、わたしたちは健康的な生活を営むために栄養を摂取しています。しかし、摂取する栄養が不足しているということであれば、当然髪の毛にも栄養がいきわたりません。近年、日本の食事は欧米化してきていますので、糖質や脂質が多い食事が多くなり、必要な栄養素が不足している傾向にあります。特に、髪の毛の成長に多く関わっている「亜鉛」が不足しています。亜鉛が豊富に含まれている食べ物には、玄米、ネギ、小麦、レバー、納豆などが挙げられます。

・アルコールやタバコ
アルコールやタバコによって、血管が収縮してしまいます。そのため、摂取した栄養が頭皮に行き渡りにくくなってしまいます。そうなると、育毛を妨げられてしまいますので薄毛に繋がります。

・洗髪
シャンプーを行なう際に、頭皮を強く刺激してしまうと傷ついてしまいますので抜け毛になってしまう恐れがあります。また、頭髪後にドライヤーを当てすぎると、頭皮が火傷してしまいますので抜け毛やフケの原因となってしまいます。

・ストレス
ストレスを感じることで、ホルモン分泌が正常に行なわれません。育毛とストレスの関係については詳しいことは解明されていないものの、ストレスは健康に大きな影響を及ぼします。そのため、できるだけストレスを溜めないように心がけましょう。